B
A
C
K

kyomadoka

きょうより今日きょう
新たに生まれるえんを紡ぐ

story of kyomadoka

TAKAMI BRIDALは呉服の卸として京都で創業し、約100年
「人」と「着物」をつなげ、婚礼シーンを通じて
「着物から人」へ「人から人」へと多くの縁を紡いできました。

そんなTAKAMI BRIDALだからこそできる
上質なモノ、人との共演によって生まれてくる大切な時間や新たな縁つくり。
「モノと人」だけではなく、「モノ・コト・ヒト」の全ての縁を繋げる
新たなScene(シーン)のご提案をしていきます。

上質な商品・上質な空間・上質なシーンを融合し、日本の文化を発信、
様々な縁を和えることで今までにはない新しい価値を
TAKAMI BRIDALが創造していきます。

project,01
浴衣(モノ)

和をまとい 和をたのしむ
京の手仕事 浴衣のある夏

浴衣(モノ)

project,01
date ; 2019 may

TAKAMI BRIDALは日本の文化が色濃く残る地、京都で創業して以来、着物を製作し続けてきました。
着物は過去の歴史や背景に密接に関わり、繊細な職人の技による、
かたち・色・模様の全てに和の文化を投影してきた日本の誇るべきもの。

島国である日本は季節ごとに大きく違う、様々な景色の移り変わりを見ることができます。
その四季が織りなす美しい景色や趣、空気によって、心情的な完成に溢れ表現される「風情」という言葉。
それは古来より自然と共存し、生活をしてきた日本ならではの感性。

ファッションとの融合でもっと日本の文化を身近に感じて欲しい、
文化を知って欲しいという想いに賛同をした4名とのコラボレーションが実現しました。

  • M
  • SAEKO